Healing salon fleurage

自然療法ホメオパシー、量子場調整®の力を借りて、誰もがもっと自分らしく生きられる方法を日々探求しています

【症状別レメディー辞典】*目の症状②* 目のケガ

仕事や家事(無限すぎる…)子供のこと、数えきれない雑用、日々忙しいと病院に行くのも煩わしくないですか?

 

子供、ワンコも含めわが家は、ちょっとしたことならレメディーだけで治ってしまいます。

病院はほとんど行く必要がなくなってしまいました。

 

日常の不調は薬に頼らす、自分の力で治すことができたら助かりますよね!!

ホメオパシーのレメディーは、とるだけで自己治癒力のスイッチをONにしてくれます。

 

私が初めてレメディーを摂った時、その効果に驚きました。

数か月続いた胃痛がArs.(アーセニカム)一粒で、その日から治ってしまったのです。

 

「こんなに効くのに副作用もないし安全なの?しかも赤ちゃんにもあげられるなんて♡」

すぐに、ホームキットを注文したのはいうまでもありません。

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::
目の問題の レパートリー(症状別レメディー)をご紹介します!!
ここでご紹介する以外にも目の問題に適合するレメデイーはたくさんあります。
少しずつ学び、機会があるたびにどんどん試しましょう(^ ^)
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
 

目のケガ・打撲

Arn.(アーニカ)

 

目の周りの打撲などで青アザになっているもの

*アーニカはケガ全般に使えるので、小さいお子さんがいるご家庭は常備しておくといいかも。

 

 

 

Calen.(カレンデュラ)

 

角膜をすった傷

 

*カレンデュラもケガ全般に使えます。

カレンデュラは原料のキンセンカをアルコール漬けして作られるマザーチンクチャーも便利です。薄めて消毒薬のかわりに使うと、治りが早くて大変助かりました。

体の傷、心の傷に。

 

 

 

Hyper.(ハイペリカム)

 

目の神経を損傷したとき

 

*ハイペリカムは神経全般に合います。

目以外にも歯の神経、尾骨、指、神経に達するような身体の痛み、神経をケガや種手術で損傷したときにも。

 

 

 

Led.(リーダム)

 

目の周りの打撲で紫色か黒っぽくなっている内出血

 

*ケガをすると、患部が赤くなったり、熱っぽくなることが多いと思います。

この炎症状態は“体がケガから治ろうと働いているしるし”なのですが、リーダムさんは赤くなることができずに、紫や黒っぽくなり、患部も冷たいのが特徴です。

Arn.アーニカと一緒にとるのもおすすめです。

 

 

 

 

Staph.(スタフィサグリア)

 

精神的に怒りや屈辱感を伴っている場合、併用

 

*いじめられたり、暴力をうけたとき

悔しい思いをしている心の傷も同時に癒す必要があります。

「どうして私だけがこんな目に合わないといけないのだろう?」

という思いが渦巻いているひとに。

 

 

 

 

f:id:h-fleurage:20201019150942j:plain

レメディーはエネルギーなので物質的副作用ないワン!!

 

レメディーは豊受モールでご購入いただけます。

リーダムは36基本キットには入っていないので、ご注意ください。

36YOBOキットか、単品で販売されています。

 

 

 

 

 

コチラもご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

★【症状別レメディー辞典】*目の問題①*目・涙腺の炎症 - Healing salon fleurage

★【症状別レメディー辞典】*目の問題③* ものもらい - Healing salon fleurage

★【症状別レメディー辞典】*目の問題④* 眼精疲労・斜視・近視 - Healing salon fleurage

★【症状別レメディー辞典】*目の問題⑤* ホメオパシー版目薬の作り方 - Healing salon fleurage

 

 

 

fleurage8.info

 

fleurage8.info

 

 

fleurage8.info

 

fleurage8.info

 

 

 

ご予約・お問い合わせはラインでもどうぞ
友だち追加

 

 

 

 

 

 

お申込みはこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓

 

 

  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

価格は予告なく変更することがあります。

ご了承くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::