Healing salon fleurage

自然療法ホメオパシー、量子場調整®の力を借りて、誰もがもっと自分らしく生きられる方法を日々探求しています

【ホメオパシーとは】病気の種類 急性病と慢性病

 

  病気の種類とは 急性病と慢性病

 ホメオパシーは、今から200年前にドイツの医師ハーネマンがその生涯をかけて確立させた自己治癒力を使う同種療法です。 同種療法の起源は古代ギリシャのヒポクラテスまでさかのぼることができ、「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が根本原則になっています。レメディーというホメオパシー版の薬を使って、心と身体を癒す自然療法です。 

 

 パニック障害、アトピー、子宮筋腫、糖尿病、高血圧…

いろんな症状にいろんな名前がついていますが、ホメオパシーでは病気はたったの2種類です!

 

 

それは

「急性病」と「慢性病」

 

 

 

急性病とは

 

文字通り、急性の症状をひき起こす病気のことです。

急性症状は、生命を守ろうとするバイタルフォースの大きな発動の結果であると考える事ができます。

 

たとえば

*インフルエンザウイルスが体内に入ってきたときに、ウイルスと戦うために高熱を出す

*腐った牛乳を素早く排泄するために、下痢になる

などなど

 

 

 

急性病への適切な対処は、症状を抑圧することではなく、同種のレメディーで治癒の妨げとなっているブロックを取り去り、治癒しようと発動しているバイタルフォースの流れを利用して、スムーズに症状を出し切らせることです。

 

 

 

 

急性症状を抑圧するということは、生命を守るためのバイタルフォースの大きな働きを止めることになり、その結果急性症状の原因(病気)を体内にとどめたまま、バイタルフォースがバランスをとるしかなく、エネルギーの停滞、よどみ、かたまりができてしまいます。

 

 

 

エネルギーがさらさら流れているのが健康であるから、エネルギーの停滞は病気の始まりとなります。

 

 

 

なので、急性症状を抑圧し、エネルギーが停滞したままだと、それは慢性症状へ移行します。

より治りにくい病気、よりつらい精神状態になってしまうのです。

 

 

 

 

つまり、「慢性病」とは、「急性病」に適切に対処しないことで、病気をもったまま適応してしまった姿です。

 

 

 

手術や薬での抑圧はバイタルフォースがどんどん複雑化して、病気が深く重いものになっていきます。

 

 

 

手術や薬による抑圧だけでなく、心の「我慢」や「感じないふり」、「大丈夫だと思い込むこと」「傷ついたままの心をしまいこむ」なども同じように抑圧になります。

 

 

 

辛い精神状態はもちろんですが、なかなか治らない体の症状は、心の慢性病が肉体に現れていることも多いです。 

 

 

f:id:h-fleurage:20200808214436j:plain

 

 

 

できれば慢性病になる前に、急性の状態で病気のエネルギーを解放できるといいですよね!

 

今までちょっとしたことでもお薬を飲んでいた方は、レメディーを是非とってみましょう。

ハーブ、自然療法を試してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

感情も癒してください。

悲しい時はNat-m.(ネイチュミュア)

いじめられて屈辱感を感じたらStaph.(スタフィサグリア)

パニックになる不安はArg-n.(アージニット)

他にもレメディーはたくさんありますよ♫

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラもご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

fleurage8.info

 

fleurage8.info

 

fleurage8.info

 

fleurage8.info

 

 

 

ご予約・お問い合わせはラインでもどうぞ
友だち追加

 

 

 

 

 

 

お申込みはこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓

 

 

  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

価格は予告なく変更することがあります。

ご了承くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::